×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハワイにて野生の文鳥を追う



2004年某日…。

某所にて契約社員としてアルバイトをしていたときに、社員旅行の話が舞い込んできました。
旅行先は国内温泉地から、海外までいろいろあって、その中にハワイの3文字も…。

ハワイといえば…そう、野生の文鳥が住まう楽園地。

文鳥界隈では有名な話であり、当然私自身も一度は行って見たいと思ってました。
しかしながら、海外旅行も個人で行くにはお金がかかってしまうなどの理由で見送ってたところに今回の旅行話。
この千載一隅のチャンスを逃す手は無い!ということで、即旅行希望先にハワイを選択。
野生の文鳥に囲まれる野望を抱きつつ、6月某日に日本を出発しました。


(運良く晴れ日続き。日焼け止め塗ってても紫外線が刺さって日に焼けて痛かったー)



ハワイの文鳥スポット

アニファブックス『わが家の動物・完全マニュアル 文鳥』には、ホノルル市のアラモアナビーチ公園の
マジック・アイランドというエリアで野生の文鳥を見ることが出来ると書いてありました。

今回私が散策した箇所は、ホノルル市からカラカウア通りを南東にぬけたところにある
カピオラニ公園と、わりと観光名所なダイヤモンドヘッドです。
カピオラニ公園にはホノルル動物園もあり、下の地図の通りものすごく広い公園です。
(初日はここの散策だけで潰れてしまった)
3日間の散策の結果、地図のバツ印の辺りにて見事野生の文鳥に出会うことが出来ました。

それでは、それぞれのエリアで出会えた野生の文鳥を紹介します。
(以下のページ画像等多めでちょっと重いです。ご注意ください)


@カピオラニ公園及びホノルル動物園


Aダイヤモンドヘッド